image

 

写真展 Rio de Janeiro “Various eyes”

東京芸術劇場にて、イパネマ・コパカバーナ海岸やコルコバードの丘などフォトジェニックで多彩な表情に溢れ、さらにはカーニバルやボサノヴァなど豊かな文化を育んだ世界文化遺産都市リオ・デ・ジャネイロを、写真と関連イベントを通して多角的に伝える展覧会を実施します。


劇場内地下1階にあるアトリエイーストとアトリエウエストを会場に、世界で最も有名な写真家集団“マグナム・フォト”の写真家達が撮影したリオを題材にした作品群(未発表も含む)と、現在、ファヴェーラ(貧民地区)を拠点に活動する気鋭の写真家・伊藤大輔が切り取ったリオの写真(新作含む)を展示します。

「都市」という存在はアウトサイダー(訪問者)の眼にはどのように映り、またインサイダー(住人)にとって、どのようなトポス(場)であるのか…。本企画では、リオという特異な街を題材に、写真の裏側に潜む眼差し見つめ、「都市」と「自己」とを結ぶ新たな想像力の喚起を目論みます。
また、音楽やトークセッションでも「都市」、「想像力」をキーワードに同様の試みをおこないます。
 

会期:2016年3月17日(木)-3月28日(月) 

会場:東京芸術劇場 

時間:11:00-20:00  

(C)Martin Parr / Magnum Photos