image

マグナム・ファースト日本展

「世界最高の写真家集団」マグナム・フォト。「Face of Time―時の顔」は彼らが「マグナム」を結成し最初に企画した写真展であり、第二次世界大戦終結から10年を経た1955年6月から翌年2月にかけて、オーストリア5都市を巡回しました。伝説の写真家8人(ワーナー・ビショフ、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、エルンスト・ハース、エリック・レッシング、ジャン・マルキ、インゲ・モラス、マルク・リブー)による83枚の白黒写真からなる写真展は、彼らが自ら企画し、写真を選び、構成したもので、「写真によるヒューマニズム」というマグナムの理想を最も明快に伝えていると言われています。

第二次世界大戦の傷跡がまだ癒えぬ時代、世界の各所において撮影された写真には、人間そして人間の日常が、センセーショナリズムなしに映し出されています。

その後、作品の行方は知られることがありませんでしたが、2006年、半世紀の年月を経てインスブルックのフランス文化会館の地下室で眠ったままの全作品が発見されました。この歴史的発見により、写真展は「マグナム・ファースト」として新たに蘇り、当時のオリジナルプリントがそのままに再現されました。そして2008年より現在まで、ドイツ、オーストリア、スペイン、スロベニア、ハンガリー、韓国の11都市を巡回し、ついに日本で初公開されます。
戦後70年を経た現在の日本において、戦後の歴史と共に歩んできたマグナム・フォトの初心を照らす本展を開催することは、極めて意義深いことと考えます。本展は、次代を担う子どもや若者を含む幅広い層の人びとに多くの刺激を与え、さまざまに考える場を提供することでしょう。

マグナム・ファースト日本展実行委員会
 
 

会期:2016年4月23日(土) - 5月15日(日)  

会場:ヒルサイドフォーラム 

時間:11:00-19:00 会期中無休  

入場料:一般1000円 学生(高校・大学生)500円 中学生以下無料  

Robert Capa © International Center of Photography/Magnum Photos