image

イアン・ベリー
Ian Berry

 

イアン・ベリー 

イギリス人

1934年イギリス生 

ロンドン近郊在住

  

1952年、南アフリカに移住。現地で新聞や雑誌の専属写真家として活動。1960年に南アフリカで起きたシャープヴィル虐殺事件を取材した唯一の写真家として注目を浴び、ブリタニカより年度最高賞を贈られた。

1962年にパリに移住し、マグナムに参画。この頃より「ライフ」など雑誌の仕事を手がけるようになった。

1964年には、母国イギリスに戻り「オブザーヴァー・マガジン」の専属写真家として活躍。その後もソ連、イスラエル、ベトナム戦争、ルワンダ、エチオピア飢餓、アパルトヘイトなど世界各地を精力的に取材、優れた作品をしている。

1967年よりマグナムの正会員。

1974年には写真家で初めて英国美術協会より奨学金を供与された。1977年には、ニコン・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞。80年代にはナショナルジオグラフィック、ジオなど各国の主要雑誌に作品を発表するほかに、活動範囲を企業広報の分野まで広げ、ヨーロッパの国際企業の仕事を手がけ極めて高い評価を得た。

1996年、写真集『Living Apart in South Africa』を刊行。