image

「HOME」プロジェクト始動

「HOME」プロジェクト始動 

  

マグナム・フォトはFUJIFILMと共同企画で「HOME」プロジェクトを立ち上げました。この企画は20183月から世界7カ国を巡回して写真展を行い、併せて写真集も刊行する予定です。

本プロジェクトではマグナム・フォトから15名の写真家が参加し、「HOME」をテーマに写真作品の製作に取り組みます。マグナム・フォトは、記録と芸術としての写真の力を通じてヒューマニズムを追求するという理念を1947年の結成以来70年間ものあいだ連綿と受け継いできましたが、本プロジェクトのテーマである「HOME」は、そのヒューマニズムを形成する重要な要素として選ばれました。 

HOME」という言葉には、物理的な生活のスペースとしての意味だけではなく、精神的なつながりや拠りどころという意味や、あるいは血縁的・地域的・社会組織としての意味など、様々な概念を有しております。

参加メンバー各々が表現する「HOME」が、写真展に来場のお客様、写真集をご覧のお客様にそれぞれの「HOME」を考えるきっかけとなれば幸いです。

 

プロジェクトHP 

 

■ 参加写真家

 Antoine dAgata (France) 

 Jonas Bendiksen (Norway) 

 Chien-Chi Chang (USA) 

 Thomas Dworzak (Georgia/Iran/Germany) 

 Elliot Erwitt (USA) 

 David Alan Harvey (USA) 

 Hiroji Kubota (Japan) 

 Alex Majoli (Italy) 

 Trent Parke (Australia) 

 Gueorgui Phikhassov (Russia) 

 Mark Power (UK) 

 Moises Saman (Spain/Peru) 

 Alessandra Sanguinetti (USA

 Alec Soth (USA) 

 Alex Webb (USA) 

 

■ 写真展開催予定地

 New York 

 London 

 Paris 

 Tokyo 

    Koeln

    Italy

    China 

 

© Chien-Chi Chang/Magnum Photos