image

久保田博二
Hiroji Kubota

 

久保田博二 

日本人

1939年東京生 

小田原在住

 

早稲田大学政経学部を卒業後、写真家を志し渡米。 ニューヨーク、シカゴに6年間滞在し、68年に帰国。
1969年復帰前の沖縄を集中取材。1970年講談社出版文化賞受賞。1975年にはサイゴン陥落を取材。これを機に、ビルマ、朝鮮民主主義人民共和国、中国の長期取材を始めるなど、「アジア」の撮影を本格的にはじめる。1981年日本写真協会年度賞。1985年には、7年間の中国取材を終了。中国全省を撮影する。これらは写真集として世界中で出版。 写真展も米国、ヨーロッパ諸国、中国など世界の代表的な美術館で開催され極めて高い評価を得た。1983年度、毎日芸術賞を受賞。
1988年末より92年にかけてアメリカ合衆国全州を取材。写真集『アメリカの肖像』として全世界で出版。この写真展は、アメリカを皮切りに、日本、アジア、ヨーロッパなど世界各地で開催。1997年より写真展「Out of the East」が世界規模で巡回。同写真集も出版される。
1999年写真集及び写真展『アジアと食料』を完成。写真展は、ニューヨーク国連本部、フィレンツェのベッキオ宮殿など数カ国で開催された。 2000年から4年の歳月をかけ日本各地を取材。2005年2月、写真集『JAPAN』出版。

2016年には集大成の写真集『HIROJI KUBOTA PHOTOGRAPHER』を刊行し、ニューヨーク、ベルリン等で写真展を開催した。

65年よりマグナムに参画、86年より正会員。