image

エリオット・アーウィット
Elliott Erwitt

 

エリオット・アーウィット 

アメリカ人

1928年パリ生 - 

ニューヨーク在住

 

1928年ロシア人の両親のもと、パリで生まれる。
11歳の時アメリカに移住し、ロサンゼルスのシティ・カレッジで写真を学んだ。

1949年ニューヨークで写真家として本格的に活動を開始する。
1953年25歳の若さで当時、世界的な写真家であったロバート・キャパに推薦されマグナムに参画する。彼の作品は、ウィットとユーモアに富んだ人間味あふれるもので、ジャーナリステイックなエッセイから広告写真まで、多種多様である。大規模な写真展も過去、ニューヨーク近代美術館をはじめ世界各地の代表的な美術館で開催された。


写真集に『我々は犬である』(2001)、『ふたりのあいだ』(1994)、『美術館に行こうよ!』(1998)、近年では『PERSONAL BEST』(2006)、『UNSEEN』(2007)、『NEW YORK』(2008)、『HOME AROUND THE WORLD』(2016)など、多数。