image

マルク・リブー
Marc Riboud

 

マルク・リブー 

フランス人

1923年リヨン生 – 2016年没

 

1937年、14歳の時に初めて写真を撮る。
1943年から44年までレジスタンス運動に参加し、その後リヨンの国立高等工芸学校にて工学を学ぶ。1951年までエンジニアとしてリヨンの工場で働き、その後フリーランスの写真家となる。


1952年パリに移り、マグナムに参画、1955年マグナムの正会員となる。


1957年には西側の写真家として初めて中国を撮影し、その後も中国を中心に東南アジアを取材。
1966年と1970年海外記者クラブ賞受賞。パリやニューヨークでも個展を開催した。


写真集では『Three Banners of China』(1966)、『Face of North Vietnam』(1970)、『Visions of China』(1981)、『In China』(1996)などが特に良く知られている。


1980年、マグナムの寄稿家に転向。中国や北ヴェトナムなどの作品は、数々の賞を受賞した。

2016年8月にパリの自宅で死去、享年93歳。