image

 

コーネル・キャパ
Cornell Capa

 

コーネル・キャパ 

アメリカ人

1918年ブダペスト生 – 2008年没

  

1918年ハンガリーのブタペストに生まれる。高校を卒業した後医学を志し、パリの兄アンドレ(ロバート・キャパ)の元へ行く。兄を通じてシム(デビット・シーモア)やアンリ・カルティエ=ブレッソンらと知り合い、彼らの写真をプリント(焼き付け)するようになる。
 

1937年ニューヨークに移り、兄が出入りしていた写真エージェンシ-「ピックス」の暗室の仕事を始める。翌年、「ライフ」の暗室に移り、有能な写真家達の仕事に触発される。
1939年頃より、写真家として各雑誌に作品を発表。第二次大戦中は、米空軍写真情報部・広報部に勤務。1946年より「ライフ」の専属写真家となり、イギリス駐在員となる。 

1954年マグナムに参加。アメリカの政治、中南米、世界の宗教などの取材を意欲的にこなす。
1974年、ニューヨークにICP (INTERNATIONAL CENTER OF PHOTOGRAPHY = 国際写真センター)を創設。永年の夢だった、兄をはじめとする数多くの優秀なフォト・ジャーナリストの作品を所蔵し、発表してゆく場とする。設立以来20年間館長を勤め、1994年名誉館長となる。同年、大規模な回顧展が開催され、写真集『Cornell Capa: Photographs』も刊行された。 


2008年5月23日ニューヨークの自宅で死去。享年90歳。