image

パオロ・ペレグリン
Paolo Pellegrin

 

パオロ・ペレグリン 

イタリア人

1964年ローマ生 

ローマ在住

  

ローマ・ラ・サピエンツァ大学で建築学を学んだ後、ローマの専門学校で写真を学ぶ。

その後、フランスの「ヴュ」、イタリアの「グラツィア・ネリ」などの写真通信社を経て、2001年よりマグナムに参画し、2005年に正会員となる。


1995年、ウガンダのエイズを取材した一連の作品が注目され、一躍世界各地で写真が発表されるようになる。その後も、ルーマニア、ボスニア、コソボ、カンボジア、アフガニスタン、イラクなどの紛争地なども幅広く取材しており、それらの作品は世界報道写真賞をはじめ、数々の賞を受賞している。
9.11以降のイスラム世界を取材した作品で度ユージン・スミス賞(2006)、レバノン紛争の作品でロバート・キャパ賞(2006)を受賞。

主な写真集に『Double Blind』(2006)、『As I Was Dying』(2007)、『Dies Irae』(2011)がある。