image

クリス・スティール=パーキンス
Chris Steele-Perkins

 

クリス・スティール=パーキンス 

イギリス人

1947728日ビルマ生 -

ロンドン在住

  

1947年7月28日ビルマに生まれ、1949年イギリスに移住。

2つの大学で化学と心理学を学ぶ。在学中から学生新聞の写真家兼編集者として働き、1971年からロンドンに移りフリーランスとして活動を開始する。
1973年にバングラディッシュを長期取材するが、基本的には活動の拠点をイギリスにおき、都市部に潜む貧困やサブカルチャーなどをテーマに活動する。1979年に初めての写真集『The Teds』を出版。イギリス美術協会が出版する写真集の編集も手掛ける。


イギリス国内の他にアフリカ、中南米、レバノンなど世界各地の紛争地や社会情勢などの取材を始め、1988年オスカー・バルナック賞と英国で最も優秀なフォトジャーナリストにおくられるトム・ホプキンソン賞を受賞、1989年にはロバート・キャパ賞を受賞する。1992年には4年をかけてアフガニスタンを取材し、写真集『アフガニスタン』(2001)にまとめる。


日本人女性と結婚してからは日本を頻繁に訪れ、写真集『FUJI』(2000)、『TOKYO LOVE HELLO』(2006)を刊行する。
その他の写真集に、2000年から2001年にかけての心象風景を綴った『ECHOES』(2004)、イギリス、Durhamのカントリーライフを取材した『Northern Exposures』(2007)などがある。


1979年からマグナムに参画、83年より正会員。