image

パトリック・ザックマン
Patrick Zachmann

 

パトリック・ザックマン 

フランス人

1955年パリ郊外生 -

パリ在住

  

1976年よりフリーランスの写真家として活動を開始する。81年頃までは、主にフランスの写真を「ゲオ」や「タイム」に発表していた。

1982年には、ナポリのマフィアを取材し、写真集『Madonna!』にまとめ、写真展も各地を巡回。87年には、7年かけて取材したフランスのユダヤ人社会の作品をまとめ、『Enquete d`Identity』を出版。
89年には天安門事件を取材した作品が世界各国の主要誌で取り上げられ、国際的な評価を得て、1989年にはニエプス賞を受賞した。

1982年から断続的に撮影いていた中国の作品を2016年に『So Long, China』としてまとめ、同年ナダール賞を受賞した。


1985年よりマグナムに参画、1990年より正会員。