image

キャロリン・ドレーク
Carolyn Drake

 

キャロリン・ドレイク 

アメリカ人

1971年アメリカ生 -

カリフォルニア州在住

  

ブラウン大学でメディア・文化・歴史を学ぶなかで、ドキュメンタリーとともに歴史と真実が意図的に歪め・改竄されることに興味を覚えた。

卒業後は長年マルチメディア企業で働いていたが、30歳の時に仕事を辞めて写真家となった。

2007年から2013年にかけてイスタンブールを拠点として中央アジアを頻繁に訪れ、アムダリヤ川とシルダリヤ川沿いの環境・文化・政治の関係を捉えた『Two Rivers』(2013)と、新疆ウイグルで近代化するイスラムを写真とドローイングを混在させ捉えた『Wild Pigeons』(2014)をそれぞれ写真集として出版した。

現在はカリフォルニアのヴァレーホを拠点にして同地を撮影している。

ランゲ・テイラー賞(2008)、グッゲンハイム奨励金(2010)他、受賞多数。

2015年よりマグナムの候補生、2017年より準会員。